腰に注意!腰部脊柱管狭窄症|気になる腰の痛みは発症の可能性アリ

病院

のどにできた癌の治療

腰痛

咽頭がんには放射線治療が効きやすく、多くの場合は抗がん剤と併用して治療しますが、進行度や患部の場所によって手術が必要になることもあります。その際には手術後のQOLを高める工夫や、再発防止に努めることが大切です。

詳しくはこちら

利用する利点と注意点

先生

免疫細胞治療はNK細胞を身体に取り入れガン細胞を直接攻撃する療法です。元々人間に備わった機能を利用するので体へ負担が少なく、病気にかかりにくくなるのでガン治療に専念できる利点があります。しかし完全に解明されていないので効果が不鮮明であり、他の医療法のサポートとして取り入れることが最適だと言えます。

詳しくはこちら

自分の内の力で癌を治す

先生

免疫細胞療法とは自分の免疫細胞を活性化させ、癌治療に生かすものです。副作用も少なく、他の治療法と組み合わせると、より効果を発揮してくれます。例えば抗癌剤で癌を小さくしてから免疫細胞療法を受けるといったやり方です。自分の中の免疫力を高めることで、身体に負担を掛けずに癌と闘うことができます。

詳しくはこちら

基盤とコントロール法

手足のしびれや歩行困難などを引き起こす腰部脊柱管狭窄症の原因を知りましょう。予防方法や改善方法を紹介しているのがこちら!

乳がんで悩んでいる方は、ココで開催されている無料相談会に参加してみましょう!体に負担の少ない治療方法を提案してくれますよ。

外見的な変形と関係します

腰痛

腰に関する疾患は、数ある運動器系疾患のなかでも、とくに頻度の高いものになっています。 これは腰というものが、人間の身体の活動の、力学的な中心点になっているためです。 このような腰の運動器系疾患のうち、とくに我が国で近年増加しているのが、腰部脊柱管狭窄症になります。 その背景となっているのは、何と言っても高齢者の増加に伴う高齢化社会です。 ここで注意すべきなのは、高齢者であっても、腰部脊柱管狭窄症を患う人と、患わない人がいるということです。 その患う人の中でも、特に注意を要するのが、腰椎すべり症や脊柱側弯所を基盤としている人です。 この2つの疾患は、高齢者だけではなく、若い人でもある疾患ですし、無症状のこともあります。 しかし、両者の疾患に共通していることは、腰椎に外見的な変形があることです。 したがって、腰椎の外見的な変形がある人は、腰への負担を少なくすると、腰部脊柱管狭窄症の予防に繋がります。

上手いコントロール法

次に、実際に腰部脊柱管狭窄症を発症した時の、注意点を説明しましょう。 まず、この疾患は下肢への痛みとシビレが起きますが、長い距離を歩けなくなることが特徴です。 例えば、歩き始めたときには、あまり症状が出ないのに、数百メートル歩くと歩けなくなる、というのが典型的です。 こうした症状を、医学的には間欠性跛行と呼びます。 ところが、この場合であっても、自転車に乗っていると、長距離の移動が可能なことがあります。 これは、自転車に乗っていることによって、腰を強く伸ばす必要がないからなのです。 ここで忘れてはならないのが、自転車の運転というのは、本来腰痛を起こしやすいということです。 もちろん、座っている姿勢は、短時間であればそれほど腰への負担は少なくなります。 しかし、長時間続けますと、意外なほどに腰への負担は高くなって、腰部脊柱管狭窄症を悪化させます。 以上のようなことを注意すると、腰部脊柱管狭窄症を上手くコントロールさせることが可能です。