外国人アルバイトが増えている理由について解説
ロゴ

motivation.com

外国人アルバイトを採用して社員のモチベーションアップに繋げよう

増える外国人労働者

最近ではコンビニのアルバイトなどで、よく外国人の方を目にします。コンビニだけでなく、日本で働く外国人の数は、年々増えています。その理由をみていきましょう。

外国人労働者が増えている理由

  • 外国人を採用したい企業が増えている
  • 日本の手厚い雇用制度
  • 世界的にグローバル化が進んでいる

外国人アルバイトが増えている理由について解説

握手

外国人を採用する時に気を付けること

当たり前のことですが、日本と外国では文化が違います。なので、日本で働くためには、日本の文化に慣れてもらう必要があります。慣れるまで外国人に根気強く教えていく必要があります。

必ず就労できるか確認する

外国人が日本で働くためには、ビザや在留資格が必要となります。そういった就労可能かどうかの条件をあいまいにして働かせてしまうと、企業側も罰則を受けることになります。なので、法律に関することは必ず確認するようにしましょう。

外国人を採用するメリット

多言語に対応できる

外国人労働者の多くは、母国語と英語と日本語を喋ることができます。なので、採用した外国人の母国や英語圏の国へビジネスの幅を広げることができます。取引や交渉時などに、通訳としても活躍することができます。

若手人材の確保

現在日本では、若い働き手が不足していると言われています。特にベンチャー企業などは若手不足に悩んでいるところも少なくないでしょう。ですが、外国人なら若い働き手がたくさんいます。若い外国人労働者を雇うことで、将来有望な人材を育てていくことができます。

向上心が高い

外国人労働者の特徴は、とても向上心が高いということです。どんどんと仕事を吸収していきます。なので、それを見た他の社員も負けじと仕事を頑張ります。本人だけでなく、会社全体でのモチベーションアップに繋がるでしょう。

独自の視点を持っている

人間の思考は、育ってきた環境に大きく影響されてしまいます。なので、外国で育った外国人労働者は、日本人とは違った考えや視点を持っています。なので、新しいアイディアを出してくれることもあります。

広告募集中